つらいかきむしり

自分が、自分だけが悩んでいるのだと思ってました。
ずっと人には言えずに、ただかゆみに耐えていた日々。
経験のない人にとっては、大袈裟だよ!と思われがちな皮膚炎。
自分も無関係だと思っていました。
甥っ子、姪っ子がアトピー性皮膚炎になっても他人事でしたが、大人になって、実際に自分が眠れない日々を経験し、初めてその大変さを思い知りました。
自分の場合、薬の副作用もあり、薬投与も断念し、かゆみとの共存の日々でした。 睡眠導入剤も長く使うと体への副作用がありますので、最近は東洋のセントジョーンズワートと言われている、ラフマ葉抽出物入りのサプリメントを愛用しています。
ひどい時には、かきむしりの限度が遥かに大きく、血や傷汁が出てもやめられませんでした。
そんな自分が唯一スッキリできたのは温かい温度のシャワー浴でした。
少しかきむしった傷跡にシャワーを当てると、少しは沁みますが後々スッキリできたように思います。
体温が上がるとかゆくなる!
そう思いがちですが、シャワーの温度で少し温まった身体が、徐々に体温が下がるに連れかゆみもなくなっていくように感じました。
かゆさだけは本当に我慢できないと実感した自分が、今まさにかゆさと戦っている方々に伝えたいのは、きっと楽になれる!ということです。
人それぞれ、個人差もあるのでいろいろあるでしょう。
経験している自分が今言えるのは、あなたもそのかゆみ、洗い流してみませんか?ということです。
きっと寝れない時間も、ゆっくり安らげる時間に変わるはずです。